珍しく心が穏やか

かろうじて生きている人のために

ずいぶんと記事の更新があいてしまいました。

ブログ更新は続かないのが普通

もともとは前向きに生きていくための知識やノウハウ、学んだことのアウトプットのためにはじめたブログでしたが、書き手である私の方に波が結構あるのでなかなか知識系のブログは継続が難しいですね。

blogを始めるときにブログの内容、コンセプト、想定読者などをしっかり決めた方が、雑記をダラダラ書くよりも良いかと思いましたが、ある意味で「自分縛りプレイ」になることは覚悟していましたが、気軽にかけなくなってしまうデメリットを感じています。

では自分の思ったことだけを書く日記に誰が興味を持つのか?という問題が一方であって、「誰もあなたの人生の興味ありません」とういうことになるかと思います。有名人でもあるまいし、どこぞのおっさんの記事など誰も読みたいというニーズがあるはずがありません。

では自分のことを書きたいのであれば誰にも公開しない日記でも良いのではないかということは言えます。そこで多くの人はきっとちょっと小遣い稼ぎしたいとか、アフィリエイトに興味をもってはじめたとか、ちょっとした自分の趣味を発信したいと思ったとか、色々な動機があって、公共の場であるネットの世界で自分の記事を発信することを選択したはず。

でも続かない。世の中には自分よりもその趣味を極めている変態クラスの人が山ほどいる。専門誌や専門サイトもたくさんあるし、専門書も安く本屋で売られているし、その人のもっている発信したい情報は一瞬でそういった情報の洪水に流されてしまうわけです。

そうするとアクセルがないことで更新する気が失せてしまったり、楽々アフィリエイトで儲かるわけもなく、ネタにつきてしまったり、最初にカチっとコンセプトを決めてしまったことで書けなくなってしまうわけです。

さて、やめるか続けるか

私は今どうしようか悩んでいますが、主旨を変えてもう一度再始動しようかと思っています。

知識やノウハウ発信系はいったん休止。世の中にあるサイトや専門書にはかなわないし、わかりやすくまとめているサイトも山のようにあるのでモチベーションが続かないのでやめます。というか書きたくなったら書くことにします。

その代わりにエッセイ調に日々のことで思ったことを書く方向にシフトします。

私に何が強みがあるか改めて考えました。

知識も経験も考え方もどれも上には上がいます。

では何があるか。

それは悩みまくり苦しみながら考えまくって生きているところに逆に強みがあるのではないかと。他の人がそこまで深く悩んだり考えていないことを考えてしまっている私の弱みこそ強みに変えるべきではないかと。

本当はいろいろな幸せがあるはずだし、人とくらべても何も始まらないはずなのに、そういったことで常に悩んでいる自分。そんな自分の苦しい気持ちや、悲しい気持ち、時々うれしい気持ちをこの場を借りて書こうと思います。

同じように色々なことでクヨクヨ悩んでいるひとがいたら「この人のほうが重症だわ」と思って気が楽になってもらえればと。「自分も同じ」と共感してくれればと。

最後に

ということで、「かろうじて日記」をはじめます。

今ある幸せを大切にしなければならないことは分かっていてもつねに悩み苦しみ生きているこんがらがった自分。時々嫌なことを想像してしまったりする自分。

そんな自分がかろうじて生きていくために思ったこと。

そんなことを書いていこうかと思います。