パパの姉妹子育て

一生使えるKATOJI(カトージ)ベッドガードのレビュー。我が家の安全対策はこれで決まり!

我が家には2人の娘がいます。二人ともそろそろ一人で寝る年齢が近づいてきていますが、ベッドガードは本当に色々と悩み、最終的に今のベッドガードに落ち着くまで3つ買い替えています。

Amazonや赤ちゃん本舗で安いベッドガードを買っては、ジョイントの部分が折れてしまったり、金具が弱くなってしまって使い物にならなくなったことが2回ありました。安いものでレビュー評価がそこそこ高いものを選んで壊れてしまうので、なんだか無駄な買い物になってしまったことを覚えています。

我が家の2人が乳幼児を卒業してそろそろ一人部屋になろうとしている今、全力でおススメできるベッドガードがKATOJI(カトージ)のベッドガードです。本当に丈夫で頼れる存在なので今回改めてレビューしてみようと思いました。

ちなみにすでに3年使ってますが、全然ヘタっていないですしこれから一人部屋になったあとでもそのまま使えまし、たぶんこのままいけば老後にぼくが老人になったときのベッドガードとしても使えそうなくらい頼れるヤツなので、さっそくレビューしてみたいと思います。

写真もたくさんとってみたので参考にしてみてください。

我が家のKATOJIベッドガード

さっそくご紹介していきたいと思っていますが、とりあえず部屋の状況を写真多めで見ていただいた方が良いと思いましたので写真から見ていただきたいと思います。KATOJIのベッドガードは130cmと150cmのタイプがありますが、150cmの方をうちは2つ買って部屋で使っています。

うちの配置
大きめのシングルベッドを二つつけて真ん中にママかパパが寝てます。
両脇にあるのがKATOJIのベッドガードです。マットの上にうちは布団をさらに敷いているのですが、そこに潜り込ませてます。
このように真ん中がメッシュ構造になっているので通気性も確保できて中が見えるので安全です。赤ちゃんの時は中が見えたり、息をちゃんとしているか心配になりますが、このベッドガードはそういった心配がありません。
内側から見るとこんな感じです。体が当たる部分もメッシュですし、足や手が上部にあたったとしてもクッション性があるので全く痛くありません。

こんか感じでとにかく重宝しています。フレームは白色でクッション部分はグレー色なので、どんな部屋にも落ち着いたおしゃれな印象を与えてくれるのでぴったり合うと思います!

なによりメッシュなので中が見えるのは通気性と安全性の面からポイントが高いです。あとは安いベッドガードだと、布が張ってあるだけで、だんだんとそれがシナシナしてきて隙間から子供が床に落ちてしまうような不安を感じることがあります。このKATOJIのベッドガードだとそういった心配は一切ないので、パパもママもゆっくり安心して寝られます。

大まかなスペック情報

スペックについては公式ホームページからの情報を以下の通り書いておきますので、部屋やベッドとの寸法をはかるときに参考にしてください。

本体サイズ 使用時:W152×D41×H56cm
収納時:W76×D19×H8cm
本体重量 商品:2.7kg
収納袋:40g
素材/材質 本体フレーム:スチール
本体生地:ポリエステル100%
本体ネット:ポリエステル100%
セーフティベルト:ベルト ポリエステル100%、先端パーツ PP

重さは3kg弱ですが、女性の方でも片手で楽々持ち上げられる重さです。長さがあるのでぶつけないように気を付けた方が良いですが、角はとがっていないですしクッション性の生地で巻かれている部分が多いのでそこまで気にしすぎることはないと思います。

そとに倒せます

我が家はベッドが低いのでこういった使い方はしませんが、ベッドガードを外側に倒すことができます。両側のボタンを押しながら手前に引けばとても簡単に倒すことができるので、一応公式サイトの写真を参考まで以下に貼っておきます。

カトージオンラインショップ
カトージオンラインショップ

パパポイント:とにかく丈夫なジョイント

パパ的な視点でとにかく僕の中でポイントが高かったのがジョイントの部分です。今回3回目に買い替えてようやく理想のベッドガードに出会えたわけですが、それまでに買ったものはジョイント部分が弱く、子供が寄りかかったり、パパやママが布団をとるために手をかけたりする中で折れてしまったり、ねじが緩んでへなへなしてしまったことがあったんですが、このKATOJIのベッドガードはそういった心配がなく、安心して使えているのが僕としてはとてもポイントが高いです。

ちょっと写真を貼っておきますとこんな感じで丈夫なジョイントです。

丈夫なジョイント
これが僕的にポイントが高かったジョイント。
この「↑」マークのところをおすとたおすことができるようになります。使わないときはいじっても倒れることが無いように工夫されています。
ジョイントの裏側はこんな感じになってます。

ベッドをどかすとこんな感じです

ベッド下はスッキリ
布団がずれないように突起がありますが、うちは布団を2枚置いているのできになることはありません。棒の部分も平らに設計されているので薄いです。
横はピタッと付けられるようになっています。うちのベッドのように枠があるものでもこのように潜り込ませることができます。
ピタッと枠に沿った感じはとても見ていて気持ちいいです。メッシュ部分もちゃんとぬってあってほつれることは何年たってもありません。

全体感はこんな感じ

ちょっとベランダに出して全体感がわかるように写真をとってみました。

外観はこんな感じ
朝撮ってます。
素敵なグレー色です。ベッドフレームはうちは無垢材の色ですがベランダのこの濃い木の色と合わせてもいい感じですね。
下の妹ちゃんが偵察にやってきました。手をかけてもびくともしません。
またまた妹ちゃんの足が・・・
角の部分もしっかりガードされています。つるっとしています。

KATOJIってどんなブランド?

KATOJI(カトージ)がどんなブランドかについても少しふれておきたいと思います。品質に信頼がおける日本の会社です。高度経済成長やベビーブームの時期に順調に成長を続け今に至っています。

カトージオンラインショップ
会社名株式会社カトージ(英語ではKATOJI)。
創業 昭和29(1954)年 に愛知県で 加藤治商店として創業
社長三代目の社長として加藤浩一さんが経営されています。
従業員 73名(男:30名 女:43名 ) ※2019年3月1日 時点
本社 本社・流通センター
〒484-0894 愛知県犬山市羽黒北金屋39-2
※他には東京の恵比寿に支店があります。
店舗直営店は7店舗あるようです。
・アーバンドック ららぽーと豊洲
・モザイクモール横浜港北
・イオンモール幕張新都心
・南町田グランベリーパーク
・メイカーズ ピア 名古屋
・ファボーレ富山
・グランフロント大阪
・京都洛北阪急スクエア

ぼくがおススメのベッドガードですが、それ以外にもいろいろな製品があります。

ぜひご検討ください。満足度高いです。

Keiky.

KATOJI公式HPカトージオンラインショップ

(追記)

ちなみにベッドガードですが、アマゾンだと以下の130cmタイプしかいまのところないようです(2020年時点)。ベッドが小さい方はこちらから購入されても良いと思いますが、我が家のような150cmタイプはAmazonなどで出るのを待つよりも公式のネットショップから買われた方がよいと思います!(公式サイトですと割引クーポンもあります)

アマゾンレビュー確認用に以下も貼っておきます。

ちなみにこんなベッドフェンスタイプもあるのでこちらが言い方はご覧ください。ベッドの下がゴワゴワするのが絶対嫌だというかたや、ベッドガードを動かす予定が全くない方はこちらでガツっと固定してしまうのも手です。

レビュー確認ように以下も貼っておきます。